読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log

music comic book game

LOG

Is there a light that never goes out?

Ghost Apple (people in the box) 感想

音楽 people in the box

今回はpeople in the boxという日本のバンドのミニアルバム、Ghost Appleの感想を語っていきたい。本当に好きなアルバムです。

Ghost Apple

people in the boxってどんなバンド?

People In The Box(ピープルインザボックス)は、日本の男性3人組ポスト・ロックバンド。2003年に福岡県北九州市にて結成。日本クラウン所属。(wikipediaより引用)

people in the boxは日本の3ピースロックバンドだ。彼らの音楽はおおざっぱに分類すればギターロックということになるのだろうが、楽曲の特徴として、リズムが複雑であること、歌詞が難解であること(難解すぎて自分には意味が分からない)、ボーカルの声がかなりイノセントな感じであることが挙げられるだろう。これらの特徴は彼らの代表曲である「旧市街」などを聴けばわかるはずだ。


People In The Box 旧市街

特徴的なリズムの取り方(サビの前など)、不思議な歌詞、とまあこんな感じの曲がpeople in the boxらしさ全開の曲だといえる。またこの旧市街のMVだが、これは他の映像アーティストの力を借りて制作していて、かなり気合の入ったものとなっている。こういった、自分たちの音楽の世界観をしっかりと示していこうとする姿勢が非常に素晴らしいと思う。このような姿勢は統一感のあるCDジャケットからも見いだせる。people in the boxのアルバムアートワークは作品の雰囲気を視覚的に表すとともに、それ自体が一つの芸術として成り立っている。彼らのCDジャケットを並べただけでちょっと壮観である。

f:id:p3t:20170302000746j:plain

google画像検索で調べるとこんな感じ。なかなかきれい。

アルバム Ghost Appleについて

Ghost Appleは2009年に発売されたpeople in the boxの3rdミニ・アルバム。このアルバムの発表と同時にバンドはメジャーデビューを果たすこととなる。

曲目は以下の通り。

  1. 月曜日/無菌室
  2. 火曜日/空室
  3. 水曜日/密室
  4. 木曜日/寝室
  5. 金曜日/集中治療室
  6. 土曜日/待合室
  7. 日曜日/浴室

曲名に一週間の曜日が割り振られている。つまりこのアルバムはコンセプトアルバムだということだろう。7曲が密接に関係しあい一つの世界を構成するようなアルバムになっている。歌詞もいつも通り難解ではあるもののアルバムを通して一つの物語が形作られているようである。この物語がどのようなものであるかはいろいろと推測することができ、ファンの間でも様々な議論がなされているのであろうが、簡単にまとめると「死んだ彼女の後を追い死のうとするもぎりぎりのところで一命をとりとめる男の姿」が歌われているようである。

またアルバム全体で一週間が表されていることや、7曲目「日曜日」の最後のノイズと1曲目「月曜日」の最初のノイズが酷似していることから、「このような一週間がまた繰り返される」つまり、男が喪失感から抜け出せずに同じような行動を繰り返すことが暗示されているように思う。この他に曲と曲との楽曲的な繋がりがないか探してみると、「土曜日」のアウトロと「日曜日」のイントロのメロディ、「水曜日」のアウトロと「木曜日」のイントロのメロディが似ていて、いくつかこのような「つなぎ目」を見つけることができる。これらがどのような意味を持っているのかはわからないが、アルバム全体がより統一感を持ったものとなるための一役を担っているように思える。

ここまで適当にアルバムの概論を語ったが、結局このアルバムで一番素晴らしいのは各曲の旋律である。本当にこのアルバムのメロディは素晴らしいと思う。MVが作られた「月曜日」に注目してしまいがちだが、それ以外の曲もかなり成熟したメロディを持っていて、ボーカルの波多野さんの作曲能力の高さが窺い知れる。特に「日曜日」は文句なしの名曲だろう。ダイナミックな展開に加えて、本当に旋律が美しい。アルバム最後の曲として見事にその役割をこなしている。この曲あってこそのGhost Appleという感じさえする。他、中二病的なかっこよさがある「水曜日」、洗練されたメロディを持ちながらにぎやかなアレンジが施されている「金曜日」、静かで沁みわたる「土曜日」などもかなり好きだ。

まとめ

だらだらと書いてしまって長々しい文章になってしまったが、まだ書くことに慣れていないので許してほしい。

結局このアルバムの素晴らしい点は、①メロディのレベルが高い、②アルバム全体で独自の世界が形成されている、といったところに集約される。

自分は2ndミニ・アルバムの「Bird Hotel」からpeople in the boxを聴き始めて、この「Ghost Apple」やアルバム「Family Record」でpeople in the boxにドハマりした。とりあえず「月曜日」などを聴いてみて、その雰囲気にびびっと来たらアルバムを通して聴くことをお勧めする。

また機会があったら別のアルバムも紹介したい。


People In The Box - 月曜日/ 無菌室

Ghost Apple

Ghost Apple